miyajundesu blog

全国一宮、各県有名寺、日本100名島の巡回の日々。自分を見つめるための少し長い旅。楽しみです。

20220418越中国一宮 高瀬神社

越中国一宮 高瀬神社です。越中国に4社ある一宮の内の一つです。所在地は富山県南砺(なんと)市高瀬です。広大な耕地の中に屋敷林で守られた民家が点在する散村の平野の中に神社が鎮座します。
創建の年代は不明ですが、ご鎮座は農耕文化が芽生える弥生時代からと伝わります。主祭神は大国主命(大己貴命)。配神は物部氏の祖神饒速日と降臨した神とされる天活玉命(あめのいくたまのみこと)と素戔嗚尊の子供で、全国に樹木を植えた五十猛命。大国主命が北陸諸国開拓のおり、守り神を祀り、国造りを終えた時に自らの御魂を鎮め祀り、出雲に帰国したと社伝にあります。天武天皇の御代に勅使が送られた記録が残る古社です。
おだやかな平原に静かに鎮座している神社だと感じた参拝となりました。
 
大鳥居と社号標です。昭和60年建立。大鳥居の中には奉写された大祓詞が収められております。

 
散居村で有名な砺波平野の中にあります。

 
鳥居です。

 
境内です。

 
昭和45年伊勢の神宮外宮から移築されたものです。

 
社殿と鳥居です。拝殿(入母屋造)と唐破風の向拝殿

 
神橋です。

 
拝殿(入母屋造昭和23年建立)と唐破風の向拝殿(昭和62年完成)

 
向拝殿の軒下

 
拝殿に続く本殿です。流造。昭和22年建立。

 
なでうさぎです。

 
立派な土俵がありました。

 
御朱印です。

 
由緒書です。

 

以下ウィキペデイアより抜粋


所在地 富山県南砺市高瀬291
位置 北緯36度34分18.70秒 東経136度56分53.70秒
主祭神 大己貴命
社格等 式内社(小)
越中国一宮
旧国幣小社
別表神社
創建 (伝)景行天皇年間
本殿の様式 流造
例祭 9月13日


メモ 122